クソマジメに生きてたら髪が薄くなってきた

ミレニアル世代薄毛マンの経験

BUNGOがメチャクチャ面白い!!

投手が唯一、自分から勝負を仕掛けられる「ど真ん中のストレートで打者をねじ伏せる」

 

週刊ヤングジャンプで連載中の野球マンガ

BUNGOが超面白い!

 

普通に考えたら無理だと思ってしまう。

それでも、平然と行動に移してしまう石浜文吾に、とてつもない魅力を感じてしまう。

 

石浜ブンゴって主人公が、最高なんだ。最高にカッコいいんだ。

だから面白いんだ。

 

素人が強者をなぎ倒していく、そんなストーリーに惹かれたんじゃない。

生き方が カッコいいんだ。そしてそこにいる仲間も最高なんだ。

 

石浜文吾(主人公)

興味を持ったことは徹底的にやる。

そして、とにかくいろいろな工夫を重ねることで、より上のレベルを追及する。

逆に興味が無いことには見向きもしない。

 

天才 野田幸雄

U-12の全日本代表に選ばれたレギュラーで3番打者。天才と謳われている。

名門「静央シニア」の監督を務める父親と日々トレーニングを行い甲子園を目指す。

 

野球をはじめるキッカケ

小学校から帰って寝るまでの間ずっと、

飼育している金魚にばかり夢中なブンゴを心配したお姉ちゃんが、

何か運動をやらせたほうがいいと父親に相談。

父親が買ってきたのは野球のボールとグローブだった。

父親とキャッチボールをするが、投げ方を知らないブンゴは当然、上手く投げられるはずもなかった。

それでも、何度も挑戦して、はじめて上手く投げられたことは、とても嬉しいことだった。

それ以来3年間毎日、台風が来ようとも家の庭の壁に書いた四角い枠に、一人で「壁当てだけ」を続けていた。

 

ブンゴと野田の出会い

ブンゴと同学年で、U-12日本代表選手として選ばれた天才打者:野田幸雄。

毎日、父親と練習している自分と違って、女の子(姉)楽しく野球をしている(ように見えた)ブンゴに怒りを覚え、その場で勝負を申し込む。

ブンゴはホームランを打たれてしまう。

けれど、ブンゴにとって初めての「人との勝負」は、とても面白いものだった。

それ以来、野田に(気持ち悪いくらい)しつこく勝負を申し込むも避けられ続け、舞台は中学生へ。

 

「素人」が「天才」と同じ名門野球チームに入る

野田と勝負したい。

その思いだけで、地元の名門シニア野球チームに入部するブンゴ。

投げること以外、ど素人のブンゴは、打撃、守備はおろか、チームプレイなんて当然やったことがない。

学校の部活動ならともかく、名門シニアチームなんて・・・

ここから本格的に、ブンゴの野球キ○ガイ生活がスタートする。

 

ど真ん中のストレート

ブンゴは変化球の投げ方を知らない

けれど、ストレートがえげつない。ゴレイヌさんもきっと言う。

パワプロで例えたら猪狩守ライジングショット

ノビとホップがすごい直球を投げる。

ただでさえ、えげつないストレートを徹底的に極めようとしている。

 

普通なら考えもしないだろう、

ど真ん中のストレートだけで打者をねじ伏せる

 がこの作品のコンセプト。

全国大会予選では、野球経験数か月のど素人1年生が、全国No.1の3年生スラッガーから三振を奪い、その名を一気に全国に轟かせる。

そして迎えた全国大会では滅多打ちをくらってしまい・・・

その後物語は3年生へ。

どうなるの!これから!

 


nin-nin-o.hatenablog.jp

nin-nin-o.hatenablog.jp

nin-nin-o.hatenablog.jp
nin-nin-o.hatenablog.jp

 

 

BUNGO―ブンゴ― 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

11巻は2017年9月19日発売

Kindle版は2017年10月19日に配信予定

BUNGO─ブンゴ─ 11 (ヤングジャンプコミックス)