クソマジメに生きてたら髪が薄くなってきた

ミレニアル世代薄毛マンの経験

BUNGOがメチャクチャ面白い!!<4巻まとめ>

野球経験数ヵ月の中学1年生が公式戦デビュー初先発でノーヒットノーラン達成

この試合で静岡にブンゴの名前が知れ渡ることになり、

試合を観ていた強豪、上本木シニアの立花と諸星に出会う

 

諸星は、野田とU―12全日本で同じチームだった。

吉見と立花はライバル関係であり、吉見が昨年の関東大会で、上本木シニアにメッタ打ちを喰らったことがわかる。

昨年の関東大会では、吉見が五回を投げ終わった時点で8失点。上本木シニアに敗戦。

 

本当なんですか・・・?

吉見が8点も取られることが想像出来ないブンゴ。

 

吉見雅樹の過去

あの試合が、自分の人生も、他人の人生も全て変えた・・・

 

何をやってもうまくいく。

小学3年生から野球を始め、小学五年生からエースで4番だった。

静央シニアに入団し、2年生で静央のエースに選ばれた。

 

任せて下さい!!俺が先輩達を連れていきますよ!全国に!!

 

そして臨んだ上本牧シニアとの試合で、メッタ打ちを喰らってしまう。

なにも通用しなかった・・・。

 

それ以来、吉見を見てくれていたスカウト達は全く声を掛けなくなった。

 

それだけならまだよかった

先輩の進学先も白紙になった

 

ある先輩は、超名門校への入学が内定していたが、その試合を観たスカウトが内定を取り消し、代わりに上本牧の選手が特待生として迎えられた。

ずっと、甲子園を目指してきた選手にとって、大きな道が閉ざされることになってしまった。

大舞台での結果は、全てがひっくり返る。良い方にも、悪い方にも。

 

俺が先輩の人生を狂わせた

 

それ以来、吉見は練習にも来なくなり、どうにか説得して連れてきたときには、

イップス(※)になっていた。

(※)精神的な原因等によりスポーツの動作に支障をきたし、自分の思い通りのプレーや意識が出来なくる。野球だけでなく、テニス、ゴルフ、サッカーなど、あらゆるスポーツで見られる。

 

散々な姿だった。野田監督が語る。

だが、その経験こそが、吉見雅樹という怪物が誕生するキッカケになった。

 

同学年にあんな化け物がいたら逃げたくなる

別にやりたいわけじゃないけど、他にいないんだったら、俺がキャッチャーをやってやってもいいかな

 

紅白戦でキャッチャーをしたことがキッカケで、袴田は鮎川にキャッチャーについて話を聞く。

 

野田からポジションを奪えないから、逃げているんじゃないのか?

やってっやってもいい、そんな考えでは務まらない。

 

図星だった。

誰だって同学年にあんな化け物がいたら逃げたくなる。

でも、ブンゴの球を受けて、キャッチャーにやりがいを感じたのも事実なんだ。

「俺はまだ1年だから、2年後にレギュラーになれればいい。」

そんなわけねーだろ!1秒でも早く認められたい!!

 

本牧シニアの4番立花と、2年生エース下川

昨年の関東大会で吉見が取られた8点を叩き出したのは、全て立花だった。

立花は、日本一の高校への進学が決まっている。

下川は、吉見が進学を希望している高校への進学が、2年生の時点で既に決まっている将来超有望株(トッププロスペクト)

 

静央が上本牧に勝てば、全ての評価が覆る。

楽しみですね・・・そう語るブンゴ。

 

ど真ん中のストレート

ストレートだけで抑える方法として、コーナーに投げ分ける以外にもうひとつある。

それが、ど真ん中のストレート。

コーナーギリギリのボールは、他者(打者、審判)の判断に依存するボール。

それに対して、ど真ん中はストライクが確定している。

つまり、打たれるのか、抑えるのか?自分から勝負を決められる。

 

意図せずにど真ん中へいってしまったボールではなく、

絶対に抑えるという意思をもって、狙って投げたど真ん中は、全く質が違う

 

吉見の話にブンゴは"何か"を感じる。最高ですね・・・!

 

他者を蹴落として、トッププロスペクトへ

本牧のエース、下川をどう攻略するか・・・?野田の脳裏を過る。

情報は少ないが、試合の中で絶対に見極めてやる!

奴を倒して、俺がトッププロスペクト(超有望株)に成り代わる!

 

 

BUNGO―ブンゴ― 4 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)