クソマジメに生きてたら髪が薄くなってきた

ミレニアル世代薄毛マンの経験

BUNGOがメチャクチャ面白い!!<3巻まとめ>

この試合で静央のエースになる

ブンゴが面白いかどうかは、3巻を読んだ時に決まる気がする。

 

最初は単純な動機、興味を持ったからやってみただけ

だったかもしれない。

やっていくうちに、ただ単におもしろいことに満足せず、

より高い目標を持つようになる。

ストレートの投げ方をいろいろと変え、試している。同じじゃない。

目標達成に向けて異常なほど努力をしていて、

無理だとか、出来ないとかそんなこと一切思ってない。

その姿こそが、最高なんだ。最高にカッコいいんだ。

 

本当に凄い、自分もその領域に!!

 野田と吉見の対決を見たブンゴ。

どれ程の練習と時間を費やせば、この領域に到達するのか?

今は想像すらできない。

本当に凄い、凄いんだ!

凄い…俺も…俺も…俺も!!

 

全てを懸けて応えたい!!

石浜、まずは静央シニアのエースになれ!

俺は不動の4番としてお前を待っててやる!

 

初めてだった。

自分に対してこんなに全力で本気の言葉をくれた人は・・・。

全てを懸けて俺も応えたい!!

 

最高だ、俺がバケモノを越えるんだ!! 

天才の野田から2打席連続三振を奪うなんて、エースの吉見は化け物だ・・・!

控え組のBチームが嘆く中、ブンゴは喜びに溢れていた。

 

全力で本気でぶつかり合える。ここにはそんな人達がたくさんいる。

甲子園を目指していれば、更に想像できない"本気"とぶつかり合えるはず

 

最終回。

1点差を追いかける控え組の投手としてブンゴが登板する。

 

野球を初めて1ヶ月の素人が、ストレートを高校生より飛ばす4番を、ストレートだけで抑え込むことが出来るのなら…!!

水嶋、マコトから2者連続三振を奪ったブンゴの姿に目を疑うスカウト。

左投げを始めてから1か月。この短い期間で何が起こったのか・・・?

Aチームの4番、鮎川との勝負を迎える。

 

チームの勝利の為に歩かせるべきだ。

鮎川はストレートにとにかく強い。ストレートしか投げられないブンゴは圧倒的に不利。

キャッチャーの袴田は当然の意見を出す。それでもブンゴは戦いたい。

 

エースを目指すなら、相手の4番をねじ伏せないと・・・!!

 

 

逃げちゃいけない気がする

俺がここに居られるのは、一緒に練習してくれた、本気の言葉をくれた仲間がいるから。一人で壁当てしてたころより、ずっと楽しい。

 

だから逃げちゃいけないんだ。

最高のボールを投げて"ありがとう"を伝えたい。

 

 

俺のせいで負けた

3vs2で負けてしまった控えチーム。

1イニングだけの登板だったけれど2三振を奪い、成績だけ見れば素晴らしいものなのに、野球経験1か月の素人が、名門チームの選手を相手にして、こんなこと思うだろうか・・・?

 

野田が遠い・・・早く・・早く追いつかないと・・・

エースの吉見と二人で練習する日々が始まる。

 

静央のエースが背負うもの 

エースから感じたのは、決してブレないメンタル

いや、そんな言葉では説明出来ない「凄み」

 

吉見を追いかけることこそが、エースに辿り着く、最速・最短距離だ!

 

関東大会へ

大会前、レギュラー候補の投手一人が怪我で試合に出られないことがわかり、その空枠にブンゴが選ばれる。

 

この決断に全く迷いはない

 

監督がそう思った理由は、「あの場所」で吉見がブンゴと二人で練習しているところを見たからだった。

 

関東大会の1回戦を任されたブンゴ。

 

ナメ過ぎだ、メッタ打ちにして取り返しのつかないようにしてやる!

相手チームは、ブンゴが野球経験1ヶ月の素人と知る。

  

 

BUNGO―ブンゴ― 3 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

nin-nin-o.hatenablog.jp