クソマジメに生きてたら髪が薄くなってきた

やりたいことをやる、為に見つける

歌マクロスやってみた。

2017年8月3日に配信された、

マクロスをプレイしてみました。

やったことある人ならわかると思うけれど、

ラブライブスクフェスに近い印象。
f:id:nin-nin-o:20170803195736j:image

 


f:id:nin-nin-o:20170803195752j:image

 プレイ中は、センターに指定したキャラクターが曲にあわせて踊ります。

クオリティ高いと思います!

シェリルが星間飛行を踊ったりします。

f:id:nin-nin-o:20170803195809j:image

難易度はeasyからexpertまであるみたいです。個人的な意見ですが、難易度hardまでは始めたばかりでもクリアしやすいと思います。

 

 そしておなじみのアレです。

f:id:nin-nin-o:20170803195832j:image

 300個のデビューガチャひいてみた結果

 

レア5が2枚でました
f:id:nin-nin-o:20170803195847j:image


f:id:nin-nin-o:20170803195900j:image

カードじゃなく、

プレートって言うらしいです。

このプレートを、素材を使ってレベルアップ強化していきます。

 

プレートには属性と、固有のスキルが存在します。プレートを組み合わせて、総合ステータスを上げて、って感じです。


f:id:nin-nin-o:20170803201353j:image

 キャラクターは始めから全て選択できるわけではなく、ストーリーやクエストを進めて、解放していきます。キャラクターに着せ替える衣装もあるようです。

f:id:nin-nin-o:20170803201610j:image

 

 

ちなみに「歌姫」の中にバサラもいるようです。

バサラが星間飛行とか踊るのかは謎。

THEカラオケバトルが神番組すぎた

テレビつけたら超ビビった

 

Fuki出てる!!!!!!

 

仕事から帰ってTVつけたらFukiがテレビ出てたんですよ?

そりゃ、叫びましたよ。

うおおおおお!!!って。

テンション一気にあがって、ヤバいヤバいって独り言を言いながら

友達に「カラオケバトルにFuki出てる!」ってLINE送ったら、

「どこ!?どこ!?」って返信が。

 

カラオケバトルって言っとるやんけ・・・

 

大変残念なことに、友達が住んでいるところでは放送されていなかったみたいです・・・。なんかごめんなさい。

 

 Fukiの紹介で流れた映像は、もしかして

渋谷 TSUTAYA O-EAST で開催された

「WWフェイス」だったのかな。思い出して、もうなんか感動。

DOLL$BOXX × Gacharic Spin × Fuki Commune

こんなん、ヨダレしか出ない。

ISAOさんを目の前で見たのは、Cube-rayのライブ以来だったので、さらに感動したなあ。

物販並んだけれど、時間の都合で買えなかったことも思い出した。

ドル箱のTシャツ、超欲しかったけれど売り切れで・・・。

着てる人が羨ましかったよ!!!

 

テレビとライブハウスで聞くのは、当たり前かもしれないけれど

全然違う。

TV見ながら思ったのは、

「やっぱすごい!でも、なんか違う!こんなもんじゃない!もっともっとすごい!」

だった。

かなり自信もって言えるけど、Fukiはこんなもんじゃない。

 

ライブハウスで、箱で、生で聞かないと絶対わからない

から、うまく伝えられないのがくやしい。

 

これからもっとたくさんの人にFukiを知って貰えたら、

僕もなんか、すごいうれしい。

ほんとにこの人の歌声、素晴らしいんだよ!!

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 THEカラオケ★バトル、僕は大好きです。

垣内りかさん(愛内里菜さん)が出た時は、再び聴くことが出来る日が来るなんて思ってもいなかったから、ちょっと涙出ました・・・。

個人的にはメタル枠のみの企画をやってほしいけど、無理かなあ・・・。

 

最後になりましたが、僕は、おTOMO-ZOです。

本当にありがとうございました。

BUNGOがメチャクチャ面白い!!

週刊ヤングジャンプで連載中の野球マンガ

BUNGOが超面白い!

毎週の連載を楽しみに、コミックスも最新刊まで全部買ってしまった。

 

僕自身が野球経験者であり、野球マンガはかなり読んできたと思うけれど、

主人公の石浜文吾が魅力的すぎる。

 

主人公のブンゴってどんなキャラ?

  • 興味を持ったことを徹底的にやる
  • 逆に興味が無いことには見向きもしない
  • 小さな成功体験のイメージから、さらに工夫を重ね、より上のレベルを追及する

 

野球を始めるキッカケ

父親とキャッチボールをすることになり、投げ方を知らないブンゴは、はじめは上手く投げられるはずもなく、父親からアドバイスを貰って、はじめて上手く投げれたことに感動した。それ以来、ブンゴは、3年間毎日、たとえ台風が来ようとも、家の庭の壁に書いた四角い枠に、「一人で」「壁当てだけ」をやっていた。

 

うん、どう考えても普通じゃない

 

ライバルとの出会い

そんなブンゴが、同い年の天才打者:野田幸雄と偶然出会い、対決し、ホームランを打たれてしまう。

それ以来、野田を倒す為だけに、中学では同じ名門シニアチームに入るという、普通に考えると超無謀な決断をする。

 投げること以外、完全に初心者のブンゴは、打撃、守備はおろか、チームプレイなんて当然やったことがない。

 

普通ならあり得ないと思えるところから野球生活がスタートする。

 

 

ブンゴは変化球の投げ方を知らない

けれど、ストレートがえげつない。

パワプロで例えたら猪狩守ライジングショットの感覚に近いと思われる、ノビとホップがすごい直球を投げる。

そのストレートを徹底的に極めようとする。

 

そして、普通なら考えもしないだろう、

ど真ん中のストレートだけで打者をねじ伏せる

 がコンセプト

 

いやいや

いやいやいやいやwwww

どうなるの!これから!

 

BUNGO―ブンゴ― 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

あたしおっさんだけど、ガチで泣いた1冊

小さい頃、

「他人に迷惑をかけてはいけない」

と教わった人、たくさんいると思います。

僕もその1人で、今もそれは正しいことだと思っています。

 

ですが、それが足かせみたいになって

・自分が我慢すればいい

・無理でも、どうにか頑張って続けてみる

と考えることもたくさんあります。

 

同じように思っている人も、きっと多いんじゃないかな、と。

 

「耐えることが美徳である」

そんな文化を感じますが、どうなんでしょうか。

 

他の皆も頑張っているから、自分も頑張らないといけない

 

 それが、今、あなたにとって「当たり前」なのだとしたら、

それは本当に、「当たり前」でしょうか?

 

僕は、この問いかけに、ずっとYESでした。

でも、それで自分をどんどん追い込んでしまい、

心が壊れたことがあります。

多くのものを失った後に、ようやくNOと言えるようになりました。

失う前に気付けたら良かったのですが・・・。

 

本当に辛い時、僕の気持ちを代弁してくれたこの本に、

涙が止まりませんでした。

 

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

 

 

小さい頃、こんなことも言われました。

ヨソはヨソ、ウチはウチ。

・・・たしかになー。

思考停止状態とは?

29歳→30歳へのカウントダウン

 

20代

嫌や嫌や、30代なんて嫌やー、おっさんやんけー

 

30代

年齢なんてどうでもええわー、今までとたいして変わらんやろ!

 

って思ってました。

 

ちょうど30歳になったばかりの頃。

タクシー運転手のおいちゃん(50代)との会話

おいちゃん「兄ちゃんなんかエエ匂いするね~、香水つけとるん?」

   ぼく「あ、はい」

おいちゃん「へぇ~、男も香水つけるんやねぇ~」

   ぼく「高校の頃からつけてるんですけど、

      今の高校生くらいの人たちも多いかもしんないですね」

おいちゃん「へぇー、そうなんやねえ、兄ちゃん若いね、いくつなん?」 

   ぼく「30歳です」

おいちゃん「えー、兄ちゃん30か!もう兄ちゃんやないね!

      おっさんや、おっさん。」

   ぼく「ははは^^」

 

おっさんにおっさんと言われ、おっさんであることを実感した瞬間でした

 

そうか、30歳は世間ではおっさんなのか・・・。

そういえば少し前、10代の女の子に、

30代なんて、10代から見たら異次元

って言われたの思い出した。

 

ちょっと泣いた。

 

 

 

年齢を重ね、見た目がどんどんおっさんになっていくとしても、 

自己改善に努めないおっさんにはならないように

何かと理由をつけて簡単に諦めるおっさんにならないように

難しそうだけど、そうありたい。

 

そう考えさせてくれた1冊

 

君がオヤジになる前に

君がオヤジになる前に

 

 

 

でもハゲることは避けられそうもない。

あなたは、なぜ本を読むの?

あなたは本を読む人ですか?読まない人ですか?

 

僕は本を読まない人でした。(マンガ以外は)

(マンガは年間200冊くらい読んでます。)

 

休日、特に用事もなく、ベッドで丸一日過ごすことがたくさんありました。

 

このまま何もせず過ごして、明日からまた仕事か・・・、溜息をつき、

結局なにもしない。

 

何かしないと・・・うーん、何かないかなー・・・

 

そういえば、すごくオシャレな図書館があると、テレビで見たのを思い出し、場所もよくわからないまま、とりあえず行ってみようと思い、バイクに跨りました。この時、午後3時過ぎ。

 

そこで、ちょっとした運命の出会いがありました。

 

 

GPSをたよりに、ようやく到着した

 

武雄市図書館

www.epochal.city.takeo.lg.jp

 

到着したのが夕方6時前だったこともあり、見事なライトアップがされ

超綺麗wwwwこんなオシャレな図書館見たことないwww

 

中に入ってさらに感動。特に2階wwwここホントに図書館なの?www

近くにあったら絶対通うわココ・・・

 

▼運命の出会い

2時間くらいたって、さてそろそろ帰るか、と。

でも手ぶらで帰るのも何だかなー、なんか買って帰りたいなあ、と見てまわってると、ある本が目に飛び込んできました。

 

出たばかりで、広いスペースに置いてあった本。その紹介文は、

「あなたは、なぜ、本を読むのか?」

でした。

 

ココを訪れる前、友人から

「お前本読まんの?読んだほうがいいよ?」

と言われ、(漫画以外の)本を読む習慣などなかった僕は

「なんで?」

と、当然の疑問が生まれ、理由を聞いてみた結果、

「自分のためになるから」「教養を深めるため」

と答えてくれたのですが、全く興味の持てなかった僕は、

「お、おう」

と返すしかありませんでした。

それから、よく本を読むという友達数人に、

なんで本を読むのか聞いてみたのですが、

僕にとって興味深い回答は得られませんでした。

 

そんなこともあって、偶然見つけたその本を、記念にとりあえず買って帰ることにしたのです。

 

その本を読んで、僕はものすごく納得しちゃいました。

他人と自分の、脳のかけらを繋げる

著者である藤原和博さんの考え方は素晴らしいな、と率直に思いました。

他人の考えに触れることができるというのは、本当に価値がある。

僕にできない生き方や体験、思考、それに触れることができるって、

確かに素晴らしい!

素直にそう思えてから、「人の考えに触れる」ことに興味が持てました。

 

偶然が幾つか重なって、この本を手にしたことは、

運命のようなものを感じました。

 

あの時、

何か目的があるわけじゃないけど、とりあえずいってみよう

と思わなければ、きっと今も本を読む習慣なんてなかったと思います。

 

とにかく動いてみて、はじめて得られるものがあったんです。

小さな、小さな感動でした。

 

 

本を読む人だけが手にするもの

本を読む人だけが手にするもの

 

 

クソマジメに生きてたら、髪が薄くなってきた

 

ハゲまっしぐら

 

だんだん、おでこの上の生え際の部分に隠れてたホクロが

「こんにちわ♪」って出てきました。

 

この出会いに感謝・・・!!

 

 

 

しねぇよ、チキショー(`;ω;´)

 

 

これは後退ではない、前進なのだ!!!

 

・・・なのだ!!

 

▼考えるハゲ

IT関係のお仕事をしています。

システムをメンテナンスしたり、新しい機能を追加したり・・・

毎日パソコンとにらめっこです。

働きながら習得した技術で誇れそうなものは、

舌打ちの後のEnterキーを素早く正確に、垂直に叩くこと

でした。

 

んが、これでいいのか?と

 

最近僕は「自分が本当にしたいことって何なのか?

改めて考える機会に恵まれました(追い込まれました、ハッハッハ)

 

いろんなことに興味は持って、とりあえずやってみるものの、

コレ!といったものが見つかりません。

というか、コレだ!って思える程、没頭できてないんですよね、きっと。

表面だけ触って、はいさよなら~って感じで。

 

僕はものすんごいめんどくさがり屋で、

ベッドに寝転がると、自然と手の届く範囲に物が集まる

という特技を持った堕落人間ハゲ人間ですが、

本当に好きなことを見つける為に、

なんでもいいや、なんか発信してみよう

と考えてみたんです。

 

だって、やってみないと僕自身も何もわからんのですもん。

 

僕は自分の考えを相手に伝えることがすごく苦手です。

本心を言って傷ついたこと、皆さんもあるかもしれません。

修業の場でもある、と思うのです。(`・ω・)キリッ

メンタルめっちゃ弱いです。

 

とても狭い世界・視野で生きている僕自身が何かを発信することで、

想像すらできなかったことが起きるかもしれない

 

▼趣味・好きなこと

  • 家に帰ると、PC、PS4、テレビ、Kindleが必ず電源ONになります。PS4にログインしてないと、命の心配をされたことがあります。
  • バイク乗ります。超安全運転の、ペーパーゴールドです。
  • ギター弾きます。すいませんやっぱ弾けません、うんこです。ポール・ギルバートが好きです、カッコイイ。
  • マンガとアニメ大好きです。声優さんはあまり知りません。
  • 野球、サッカー、陸上やってました。遠い過去の話です。

もしかしたら立派なヲタかもしれませんが、

僕自身は否定して生きています。

俺はヲタじゃない。

 

あと、まだハゲてない・・・。