クソマジメに生きてたら髪が薄くなってきた

ミレニアル世代薄毛マンの経験

【アニメガタリズ】7話 感想 面白い!勝ったな!ガハハ!

 

f:id:nin-nin-o:20171120211627j:plain

「えぇ~!?またも廃部ですかー!?」

 

再び訪れる廃部の危機!!

 

 

 

 

------------------------------------------------------------------

あれこれ企画段階の夢物語を話している時が一番楽しいのはアニメ制作においても例外ではない。生徒会から学園祭でアニ研らしい発表をしないと廃部にする、と理不尽な勧告をされたアニ研部員たち。皆でアイデアを出し合ったがまとまらず、みのあの発案でアニメを作ることにするが、アニメ制作はそんなに楽じゃない―。

脚本:山下憲一 絵コンテ:星野 真
演出:相浦和也 作画監督:梶浦紳一郎

------------------------------------------------------------------


アニメ研究部の学園祭発表内容、舐めまくってるわね!

「アニメの上映会ですか」
『まぁでも会長と部長の青山先輩は仲良いし、私らが反対しても無駄か』

 

『お疲れ様でーす!』『うわっ!製作委員会!』
「生徒会よ!」

 

「部長が学園祭の届けを出したのですが」
はいどうぞ『アニメソフトの上映会?認められないわ』
「と生徒会長が」

「そもそも文化部は活動報告を兼ねて、学園祭で必ず発表する決まりよ。これぞアニメ研究部っていう発表じゃない限り、絶対に参加は認められないわ!」

『だ・か・ら!アニメ研究部の活動報告を兼ねた発表が、何でアニメの上映会じゃ認められないのよ!椿と話をさせて!』

「会長は会いません」
「発表ができない場合、廃部です」

『えぇーーー!?またも廃部ですかー!?』

 

そうだ!みんなでアニメを作るのはどうでしょうか!?

『未乃愛っち、アニメを作るのがどれだけ大変なのか知ってるの?』
『え?大変なんですか?』

『脚本に絵コンテ、作画にアフレコ、たくさんのスタッフが必要なんですよ』

『制作資金は、我がスイス銀行口座を開放しても、とても足りぬぞ』
『脳内口座乙です』

『でも私…アニ研のみんなで1つの事をやり遂げてみたいんです!これがアニメ研究部の成果だって発表したいんです!』

 

『僕は賛成だよ?自主制作アニメなんて、すごくワクワクするじゃないか』

 

『それでどうやって作るんですの?』
『他の部に協力してもらったり、方法はいくらでもあるわ。学園祭まであと3ヶ月。私たちの力で、アニメを作るわよ!』

「はい!」

 

『まずは企画からよ。みんな用意してきたわね?』

『僕は、正統派のアイドルアニメを提案するよ。文化祭のライブシーンでは、ライバルとの熱いバトルもあって、最高の楽曲とダンスで対決を!』

『熱さというなら、我が企画はさらに熱いぞ!主人公はこの俺、混沌の狂王カイ!我が眷属による史上最強の攻撃呪文アメジストエクストラサーキュレーションを!!』

『私は魔法少女ものよ!やっぱり女の子の憧れは変身と魔法じゃない?プリフェアだって、今年はついに魔法だし』

『あの私は、子どもの頃に見たアニメのイメージで、両親と生き別れた主人公が、魔法を使ったり、変身したり、ロボットに乗ったりして、苦難の果てに、やっとお母さんと再会して、最終回で天に召されて、見てるこっちが号泣するような感じとかは!』

 

『まったく…どれもこれも、学生に実現できる企画とは思えませんわね』

f:id:nin-nin-o:20171120221352j:plain

時は銀河世紀

f:id:nin-nin-o:20171120221013j:plain

超戦士、アリスボーグα!

f:id:nin-nin-o:20171120221543j:plain

君は、お金に涙を見る・・・

 

『有栖っちのが一番実現できそうにないわよ』
『すごいね!これ誰が作ったの?』

 

『セバスが脚本・絵コンテ・作画・背景・撮影・編集までを全て一晩で作りましたわ』

f:id:nin-nin-o:20171120221727j:plain

 

『どれもこれも高校生が自主制作するにはハードルが高すぎる企画かもね』

『おや、お忘れですか?アニメ研究部イチの読書家、知性溢れるこの・・・コーウェン・ジィ・ミィコォの存在を!』

 

 

『私の企画は、異世界召喚ものです!ただし尺は3分!』


『なるほど、ショートアニメか』
『そうかその手があったわ!』

『ショートアニメ?』

『アニメ制作の予算も時間も限られている中で最近は3分や5分のアニメもたくさん作られているの。それがショートアニメよ』

『どれも限られた時間のできる限りのアイディアやネタを詰め込んでキッチリやり切ってる感が凄いのよねぇ』

『短さを武器にスマホでネット配信を気軽に見られるのも魅力です』

『完走するのも楽だからね』

『決まりね。美子っちシナリオに取り掛かってくれる?』
『分かりました。ショートアニメのシナリオくらい余裕です』

 

『ではシナリオ会議を始めます』
『よろしくお願いします』

『買い物してたらスーパーの扉が開いて異世界へ…って面白いのかしら?』
『異世界もので最初に困るのは食糧です』
『えーそんなのどうでもよくない?』

f:id:nin-nin-o:20171120222719j:plain

『やっぱり泣けるシーン欲しいよね!』

 

『変身シーンもいるよね!』

 

『このシーンだが俺の考えたもっとド派手な能力設定があってだな…実は代案の台詞も書いてきた!』

 

『中盤の盛り上がりに欠けるよね。ライブシーンを入れよう』

f:id:nin-nin-o:20171120222617j:plain

『CMはどこなのかな?』

『ショートアニメなのに?』
『ウケ狙いでいいんじゃないの?話の途中でいきなり、バツンってさ』

⇒⇒⇒Bパートへ

f:id:nin-nin-o:20171120222356j:plain

 

『す…好き放題言いやがってぇ!イチから書くのがどれだけ大変か、分かってんのかボケェっ!

f:id:nin-nin-o:20171120222918j:plain

『あぁもう!勝手にやってくださぁぁい!』

 

『脚本家降板…』
『アニメ制作あるあるだね』

 

『止めないでくださぁぁい!もう寝させてぇぇぇ!』

f:id:nin-nin-o:20171120223045j:plain

 

f:id:nin-nin-o:20171120223413j:plainf:id:nin-nin-o:20171120223349j:plainf:id:nin-nin-o:20171120223618j:plain

f:id:nin-nin-o:20171120223635j:plain

 


『これって昔見たアニメに似てる!子供の頃に見たよく分からないアニメもごちゃまぜだけどすごく面白いんです!』
『あぁ、前に言ってた』


『みんなをそれぞれのキャラクターにして自分で声を入れれば楽しそうですよ!これやりましょうよ!』

『なるほどね。美子っち、シナリオいける!?』
『無理でーす…』

 

頼むよ、ちゃんみこ~~。ちゃんみこ以外に書ける人なんていないし~

f:id:nin-nin-o:20171120224336j:plain

 

『いつもすごい読書量だし、筆も速いし?どんな直しにだって対応してくれたじゃーん』
『…うん』

 

『じゃあ、私はプロデューサーってことで。他の役割分担決めよっか』

 

『キャラクターデザインなら私が!』

f:id:nin-nin-o:20171120224457j:plain

『デジタル系全般の作業なら、任せてくれ』

f:id:nin-nin-o:20171120224518j:plain

『音響は僕がやるよ』

f:id:nin-nin-o:20171120224538j:plain

 

『制作進行は…五門先生に任せるか』

『えーっと私は…?』
『未乃愛っちにしかできないことがあるでしょ?』
『あ、そうですよね…ゴミ捨てとか…』

『監督よ!』

『か、監督!?』

 

 

 

『後は頼みました…』

f:id:nin-nin-o:20171120223951j:plain

『お疲れー』

 『後は頼みました…』

f:id:nin-nin-o:20171120224757j:plain

『お疲れー』

 

 

 

 

「みんな揃ったかな?」

f:id:nin-nin-o:20171120230546j:plain

『はーい!』
「アフレコは、キャラクターに命が吹き込まれる瞬間だ。みんな、頼んだよ」

 

『じゃあ最初は、映像を通しで見て、タイミングを掴んでもらおうか』

「白黒?」

『そうだね。アニメのアフレコで収録時に必ずしも絵が仕上がってるとは限らないよ。今日みたいにラフ原画があればまだいい方で、スケジュールが間に合わない時には絵コンテを撮影した映像に合わせて収録することだってあるのさ。そんな中でも、プロの声優さんたちは感情や表情を読み取って、素敵な演技をしてくれるそうだよ。すごいよね』

『それじゃ本番スタートだよ』

 

 

「我が名はユイリン!ワクワクと爆発が大好きな魔法使い!」

f:id:nin-nin-o:20171120225300j:plain

小幡 唯 | TVアニメ「アニメガタリズ」公式サイト

|アニメ『この素晴らしい世界に祝福を!2』公式サイト

 

「オッケー!上手いね!」
「ありがとうございます!」

 

 

 

『今日も地球の平和は守られたね』

「オーケーだよ、未乃愛ちゃん」
『ほっ…終わったー』

 

『ん?』

『こ、これって…!?』

f:id:nin-nin-o:20171120230358j:plain

『アフレコ後の、サプライズあるあるさ。みんなよく頑張ったね。あとは台詞に合わせて絵を作って音を入れて。完成に近づいてきたよ』

『そっかぁ。そうですよね。まだ作業は残ってるけど、みんなのおかげであと少しでアニメもできそうです!』

『アフレコが終わって勢いがついた感じね』

『勝ったわね、ガハハ』

f:id:nin-nin-o:20171120230143j:plain

上井草 有栖 | TVアニメ「アニメガタリズ」公式サイト

烏丸千歳|TBSテレビ:ガーリッシュ ナンバー


『頑張ろ―!おー!』
『ふふふ』

 

「あと1カット…1カットでいいですから…」

f:id:nin-nin-o:20171120231256j:plain

 

「会長大変でーす!」
アニ研が制作中のアニメが完成間近と」

『そう…。各部に、アニメ研究部への協力を打ち切るよう伝えて。従わない場合は、問答無用で廃部です』

「え…」
「な、何もそこまで!」

『これは、生徒会長である私の命令よ』

f:id:nin-nin-o:20171120231621j:plain

『今すぐ指示を伝えてきなさい』
「は、はい!」
『あぁ、それからもう1つ…』

 

 

『うん、いい感じかも』
『学園祭まであと3日…完成しそうだな!』

『大変ですわ!五門先生が!』
『五門先生が?』

f:id:nin-nin-o:20171120231529j:plain

『制作進行の逃亡だと!?』

 

 

吹奏楽部がエンディング曲の制作を断って来たわ』
『放送部が、別録りに放送室は貸し出せないと』

『いきなりどうして…』

 

『アニメ研究部に朗報よ。あなたたちに特別な場所を用意したわ。運動場の特設ステージ。ここを満員にできない限り、発表を成功したとは認めません』

『椿どうしてなの?』

『最高のステージが見られることを楽しみにしてるわね』

『そんなの、アニメ上映会だけで埋まるわけないですわ』

『万策尽きた…かも』

次回予告


「俺にも台詞が欲しかったよなぁ…にゃあって鳴くだけなんてよ。いやもちろん、気合は込めました。次回!アニメ研究部に激震走る!マジで番組落とす5秒前!当日納品だけは勘弁だにゃ!」

 

 

nin-nin-o.hatenablog.jp

 

【アニメガタリズ】6話 感想 Blue-ray版で消えるという謎の光!ガルパンはいいぞ?

f:id:nin-nin-o:20171113200759j:plain

アニメガタリズ 6話

 

地上波に突如現れる謎の光!!Blue-ray版では消えることもあるらしい、便利な光!!

高円寺さんが、いつにも増してけしからん第6話!

 

ちょっとくらい腐っていても、かわいければ全然OKですわ!

 

そしてガルタンはいいぞ?

--------------------------------------------------------------------------------

カイカイ、ラブクライマックス | TVアニメ「アニメガタリズ」公式サイト

アニメと言えば温泉回。ご多分に漏れることなくアニメ聖地巡礼の旅行へと行くことになったアニ研部員たちだが、塊は先日からの思わせぶりなみこの態度が気になり巡礼などどこか上の空。心中穏やかではないまま向かった宿泊先にて、みこから送られたメッセージに人生初のラブシグナルを受信、恋の獣と変貌する。
そして、謎の光の謎が今解ける?

脚本:笹野 恵 絵コンテ:清水 聡
演出:五月女有作 作画監督:水谷麻美子

--------------------------------------------------------------------------------

デカイ!!

 f:id:nin-nin-o:20171113201646j:plain

デカイ!!

f:id:nin-nin-o:20171113201711j:plain

でかい!!

f:id:nin-nin-o:20171113201810j:plain

でかい!!

f:id:nin-nin-o:20171113201912j:plain

 

 

 

『おおお…もしかしてこれが、いわゆる謎の光ですね?』
『まぁ!ようやく本物が見られましたわ』
『感激です!』
『何言ってんの!あれはアニメの謎の光ではなく、リアル謎の光…』

f:id:nin-nin-o:20171113202429j:plain

f:id:nin-nin-o:20171113202944j:plain

f:id:nin-nin-o:20171113202837j:plain

 

 童貞チョロすぎwww

f:id:nin-nin-o:20171113203850j:plain

『武蔵境先輩、ちょっとお話があるんですけど…』

『お、俺も話がしたい…かったんだ』

『では先輩からどうぞ』

『お、俺は貴様…いやお主…じゃない…。高円寺、き、君が…す…き…だぁぁああ!』

f:id:nin-nin-o:20171113203831j:plain

f:id:nin-nin-o:20171113203942j:plainf:id:nin-nin-o:20171113204014j:plain

『やっぱりそうだったんですね!武蔵境先輩は、中野先輩のことが…!』

『うっほほっほ!す、すっごくお似合いです!』

『電車で中野先輩と向かい合ってた時、武蔵境先輩ずっとソワソワしたり俯いたり赤くなったり…ふふ、もしかしてって。私ピンと来たんです!』

『いや、それはあの…』
『何か、勘違いしてるみたいだけど?』
『大丈夫です。ムサナカ?…ナカムサ!!』

『ここに教会を建てよう!!!』

『私、基本二次元にしか興味ないんですけど、先輩たちならオーケーです!』

f:id:nin-nin-o:20171113204526j:plain

 

『あの…じゃあ昨日の夕方に言いかけてたことは…』
『昨日?う~ん。。。忘れちゃいました。2人の事が、あまりにも衝撃的過ぎてー!』

f:id:nin-nin-o:20171113205155j:plainf:id:nin-nin-o:20171113205420j:plain

『また風呂に入るか…』
『うん…』

『ほひ~…』

f:id:nin-nin-o:20171113205231j:plain

 

次回予告

『次回、まさかのあの人の秘密が…。メールは縦読みも深読みもするなよ?あと、世界で一番最初にハートマーク作った奴!!あとで戦車の裏に来い!』

 

 

nin-nin-o.hatenablog.jp

 

nin-nin-o.hatenablog.jp

 

バイクでガス欠、携行缶を入手せよ

運転中にパワーが少しずつ弱くなってきたことを感じたので

いつも通りリザーブに切り替えてアクセルをふかす

 

が、なんとなく元気がない。

信号待ちで完全に停止。

セルを回すも、バイクは頑張っていることはわかるが、エンジンがかからない。

 

どうやらバッテリーが原因ではなく、ただのガソリン切れ

 

しかし困った。

人生初のことなので、どうしたらいいのかわからない。

 

JAFを呼ぼうか・・・

2km圏内にガソリンスタンドはあるけれど、押して歩くにはつらすぎる

 

どうにか、ガソリンが1リットルだけでも欲しい

 

携行缶を探す旅

ペットボトルとかにガソリン入れてもらえないかなと思ってググってみたら、

NGらしい。携行缶というものに入れなければならない、と。

ガソリンスタンド店によっては、携行缶への給油OKのところと、NGのところがあると知り、片っ端から電話して聞いてみた。

こんな時、スマホGPSとガソリンスタンド検索の機能は大変ありがたい。

 

携行缶は、ホームセンターや、ドン・キホーテで売っているらしい。

歩いて20分くらいのところにドン・キホーテがあったので向かうことにした。

 

 

 

店員「すいません、携行缶って何ですか?」

スマホの画像検索で写真を見せて、携行缶の説明をする僕。

取り扱っている店舗と、そうでない店舗があるらしい。

 

近くにホームセンターはない。困った、どうしよう。

携行缶を貸してくれるガソリンスタンドがある

給油OKのところは、携行缶を貸してくれるらしい。

そのことを知り、初めに向かう予定だったガソリンスタンドにもう一度電話して聞いてみる。

 

店員「すいません、ウチでは貸出していないんですよ・・・」

 

気を取り直して別の店舗に電話してみる

店員「預り金として3000円でお貸ししています。返却時に3000円お返ししていますが、いかがされますか?」

僕「喜んで伺わせて頂きます。」

 

歩くこと20分。ようやく携行缶とご対面。

ガレージ・ゼロ ガソリン携行缶 5L [赤/横型/亜鉛メッキ鋼板/消防法適合品](GZKK01)

週刊少年ジャンプとかマガジンを縦横1.5倍にしたくらいの大きさ。

携行缶にガソリンを入れ、タクシーに乗ってバイクのところまで戻る。

給油を済ませ、ガソリンスタンドに返しにいって無事に帰ることが出来た。

 

 

バイク用の携行缶は、ペットボトルくらいの大きさのタイプがいいかもしれない。

YAZAWA [ 矢澤産業 ] ガソリン携帯缶 ガソリンボトル 700cc [ 品番 ] M70EMERSON(エマーソン) ガソリン携行缶 アルミボトル 1000cc EM-134エトスデザイン(ETHOS Design) OPTIMUS フューエルボトル 1.5L [品番] A40151

 

 

「とりあえず3年間は仕事を続けなさい」に根拠は無い

いまだに言われているらしいけれど、それは誰が言ってますか?

転職したいと考えた時に、やりたいことが既に決まっているなら、「とりあえず3年」というワードに惑わされず、さっさと辞めた方がいいと思います。

 

なぜか「社会の常識」となってしまったこの言葉は、疑うべき常識です。

「3年」に根拠なんてない

1.とりあえず3年間は我慢してでも会社に居た方がいい

2.入社して3年間は、とりあえず頑張ってみなさい

3.忍耐力が無いと思われて転職に不利になる。とりあえず3年間はいた方がいい。

 

「とりあえず」

どんな立場の人間が言うか?によって、言い切った方がメリットが生まれるでしょ?

例えば、会社の経営者だったり、転職サイトの人だったり。

 

両親や先輩は、「とりあえず3年」のワードが、一番耳に入ってくる間柄かもしれません。

・3年続ければ、責任感も与えられて、仕事のやりがいを感じられるようになる。

・仕事の楽しさとか、魅力を感じることができるようになる。

遠からず、近からず、こんな意見はよく耳にしますが、これは親や先輩の経験に基づくもので、その人の結果論です。

現在を生きている自分にも当てはまるとは限りません。

自分にとってのデメリット

やりたいことが既に決まっているなら、僕は3年以内に辞めた場合のデメリットは無いと思っています。

踏ん切りがつかない状態であれば、我慢している時間が勿体無い。

労働年数に関係なく、自分がしたいことがわからない状態が長く続くことは、デメリットになると思います。

終身雇用の時代はもう終わっているはずです。

上司の言うことに従っていれば、我慢していれば、いずれ将来が約束される

とかいう、根拠のない時代では、とっくに無いんです。

 

考える必要は無いかもしれませんが、経営サイドの人間にとってのデメリットを簡単に言えば、

3年以内の離職率は、会社のイメージを伺い知る1つの判断基準。

ブラック企業」と「離職率」は経営者を悩ませる種の1つのようです。

新人が利益を出せない期間があるかもしれませんが、その間も会社は給与を支払う必要があります。

 

1万時間理論

人間が何かをマスターするには、およそ1万時間かかるという話があります。

義務教育の期間がおよそ1万時間。これは日本だけでは無いらしいです。

1日8時間労働、年間労働日数を260日で計算した場合、年間2080時間。

5年近くかかる計算になりますが、「とりあえず3年」という表現よりは、こちらの方がよほど納得出来ます。

【アニメガタリズ】5話 感想 異文化交流!世界はアニメで繋がっている!

アニメガタリズ 5話

「アリスちゃんオススメのダブトーン、キャラみんな可愛かったぁ!エリカ先輩イチオシの、甘々と横綱もお話面白くて!でもお話と言えば、ミコちゃんオススメのアンジュビ・ジュエルもよかったよ!」

「未乃愛、アニメにどっぷりだねぇ。ってことは、夏休みもアニメ三昧?」
「もちろんそのつもりだよ」

 

 

すっかりアニヲタになってしまわれた主人公、未乃愛

噂でしか聞いたことがない、あの夏イベントが迫っているらしい…。

 

一度も行ったことがないので、大変参考になりました。

f:id:nin-nin-o:20171106222324j:plain

 

-------------------------------------------------------------------------------

ベイベー、イケナイススメナイ | TVアニメ「アニメガタリズ」公式サイト

アニ研部員たちで夏のアニメイベントに行くことに。多くの人が詰めかけ、会場にたどり着くだけでも大変な状態の中、仲間とはぐれたみのあたちは北京からの留学生 楊貝貝(ヤンベイベー)に助けられる。
アニメが世界を繋げるきっかけになっていることを知るアニ研部員たち。
脚本:田沢大典 絵コンテ:金子祥之
演出:金子祥之 作画監督佐々木敏

-------------------------------------------------------------------------------

 

 

お台場のあたりで開催される海のイベントに参加する為、

準備を着々とすすめる未乃愛

 

 

「随分早いね」
「始発で行かなきゃ間に合わないんだって」

「あれ?お父さん出かけたの?」
「うん、海の方にいる友達に会いに行くって」
「へぇー」

 

娘より早く出発した父親はいったいどこへ…?

 

戦場では油断した奴から先に死ぬ。覚えておけ 

さぁ、戦争の幕開けだ!

超満員電車で洗礼を受けた未乃愛。どうにか待ち合わせ場所に到着。

 

「じゃあ、そろそろ行こっか」
「未乃愛、ちゃんとスポーツドリンクは持った?」

「うん、熱中症予防は大事だもんね」

f:id:nin-nin-o:20171106212350j:plain

「足りないと思います」
「舐めているな貴様!ここは戦場だ!」
「買い足しといた方がいいかもね」
「じゃあそこのコンビニで買ってきます!」

 f:id:nin-nin-o:20171106212447j:plain

コンビニでも洗礼を受ける未乃愛

なるほど、並んでから商品を選び、買うシステムが勝手に出来上がっている文化

日本人らしい

 

 

「みんな、トイレは大丈夫?」
「え?」
「まだ平気ですけれど」

「平気なうちに言っておくべき」
「鉄則じゃない、アリスっち」

「え??えぇえ!そうでしたわね!では…」
「あ、私も行っておこうかな。あの、お手洗いってどっちですか?」

「あれ」

「え?」

「あれがトイレ列』」
「えぇー!?トイレに行くのにも並ぶんですか!?」

あ、あの…バームクーヘン!

 トイレから戻って迷子になっていた未乃愛に話しかけてきた外国の女の子

何語かわからず、てんぱってしまう。

 

f:id:nin-nin-o:20171106212544j:plain

「とにかく、何か言わなきゃ!でも何語?英語?フランス語?ドイツ語?

あ、あの…バームクーヘェン?」

 

すごい!アニメが世界中の人を繋げてくれてるんだね!

f:id:nin-nin-o:20171106213508j:plain

「あの…初参加、私と同じですね!」
「そうなの?」
「はい!トラブルは困ったけど、解決しました。初参加で、悲しい思い出を持って帰るのは、あまり良くないです。だから楽しみましょう!せっかくのお祭りですから!」

「ありがとう」
「どういたしまして」

「それにしても未乃愛の顔、よく覚えていましたね」
「顔はあまり…。でも、それを着けてたから」

「これ?」

「ロゼロ大好き!!!北京でも大人気ですから!!」

「北京でも人気なんですの?」
「北京!??」
「そうそう、この子、北京から来たんだって」

「楊 貝貝(ヤンベイベー)と言いまーす!」

 

 

「このイベントのために日本に来たそうです」
「へぇ~!すごいな~!外国の人も来るんだ!」

「世界最大のオタクのイベントですから!」f:id:nin-nin-o:20171106212615j:plain

「ずっと、ずーっと!憧れてたのー!」

 

 

「でもロゼロって春アニメだったよね?」
「今って、タイムラグとかないの?」
「ほとんどないです」

「円盤化の後、半年から1年ほど遅れて流行ると聞いていましたが…」

「今や同時かぁー…」

「だから困るときがあります」
「困る?」

「日本の人に、アニメ大好きです!って言うと、みんなわざと古めの作品を言います。今の作品の話がしたいのに」

「気遣いが裏目に出るわけだな」
「アニメの情報はどこから?」
「主にネットです」

「なんだか、私たちと一緒だね」
「ネットで日本の盛り上がりを見て、分かるー!あれ良いよね!ってなったり」

「日本語読めるの?…ってこうして普通にお喋りできるぐらいだもんね」
「はい。日本語勉強してます!大好きなアニメが見たいから」

 

 「そう。世界はアニメで繋がっているのさ」

 

 

f:id:nin-nin-o:20171106214836j:plain

パチパチパチパチ

 

開会の拍手なんてあるのか・・・

 

「いよいよ始まるよ!」

f:id:nin-nin-o:20171106215048j:plain

「いよいよね、未乃愛」
「うん、ここまで長かったね」
「でも長い旅は終わり。私たちはついに足を踏み入れるわ。この新世界へ」
「アリスちゃん、私すごくドキドキしてる」

「私もよ!でも怯えないで。2人で新しい扉を開きましょう、未乃愛」

「うん!アリスちゃん!」

f:id:nin-nin-o:20171106215357j:plain

f:id:nin-nin-o:20171106215544j:plain

f:id:nin-nin-o:20171106215557j:plain

f:id:nin-nin-o:20171106215603j:plain

 

「それにしても、やっぱり人多いよね」
「当たり前です。20万人近く来るんですから」

「20万人!?」

「そんなに!?」
「3日間で、延べ60万人だそうです」
「詳しいのね、ベイベーさん」

そんなに来るんだもん。何時間も並ぶよね」
「入る前から並び、入っても並び…」
「日本一、過酷なイベントですから」

 

f:id:nin-nin-o:20171106220742j:plain

「でも嬉しいです!」


「嬉しい?」

「ここにはたくさん仲間がいます!アニメが大好きで、同じアニメで盛り上がれる!それはすごく嬉しい事です。並ぶのは大変でしたけど、仲間がたくさんと思えば大丈夫です。それに、未乃愛たちに会えました!」

「ベイベーちゃん…」

f:id:nin-nin-o:20171106220738j:plain

 

「お、みんな集まってるね。それじゃ帰ろうか」

「中野先輩を待たなくていいんですか?」
「あぁ、先帰るって、ライチャで言っとくか」


「あのベイベーちゃんは?」

「私もう少しこの場所にいたいです。だから見て回ってきます」

「そっか」

「ミノア、アリス、ミコ、エリカ!ありがとうねー!」
「私こそありがとう!バイバーイ」

ごきげんよう

 

「あっ!連絡先交換してない!』
「そういえば」
「しくじりました…」

「せっかくお友達になれたのになぁ…」

「大丈夫だって。アニメ好きである限りまたここで会えるから」

「はい!」

次回予告

f:id:nin-nin-o:20171106221449j:plain

戦場でまた会えるなんて思うなよ?」

「次回、誰かが光に包まれる。何の光かは、お前の目で確かめろ!

 

 

nin-nin-o.hatenablog.jp

 

nin-nin-o.hatenablog.jp

 

【アニメガタリズ】4話 感想 アニメは何も生み出さない?

f:id:nin-nin-o:20171103181756j:plain

じゃあ生徒会は、学園を牛耳る影の組織ってことですか!?

出た!製作委員会!

 

f:id:nin-nin-o:20171103181831j:plain

『円盤?』


「違いますわ。アニメのパッケージソフトの事を円盤って言うんですの」

「そもそも円盤の売上は昨今の深夜アニメの成功の鍵となる重要事項なのですわ。」「1巻の販売本数を増やすためにライブチケットの最速抽選権やイベント招待券を付けたり得点は年々豪華になってますわ」

「中にはフィギュアや設定資料なんかも付けてどっちがメインだか分からないような物もありますし」

 

『何でそんなことしてまで円盤を売ろうとするの?』

「いい質問ですわ。アニメをそのまま放送してもそれで儲かるわけではないからですのよ」
「アニメ作るのってすっごくお金がかかるわけよ。だからいくつもの会社が1つの番組に出資して製作委員会って組織を立ち上げるってわけ」
『委員会?』

「製作委員会はアニメの予算を組んだり、円盤やグッズ、ネット配信や海外の番組販売の利益などを出資の比率によって分配しますの。売上が避ければ2期の制作が決まることもありますわね」

『みんなで番組を盛り上げようとしたり、時にはビジネスのためにアニメの内容に物申したり…』

『番組を作る上で最も力を持った影の組織みたいな面もあるし、作品への影響力も計り知れないわね』

 

--------------------------------------------------------------------------------

ブシツ、ダイバクハツ! | TVアニメ「アニメガタリズ」公式サイト

アリスが大量のアニメBD購入に部費を使い込んだのが生徒会にばれて、またも廃部の危機が訪れる。部活の存在意義を証明するためアニ研部員たちは他の部活動に助っ人として参加するも失敗ばかり。途方に暮れる部員たちだったが、彼らを救うヒントになるのはやはりアニメだった。
執拗にアニ研を廃部にしたいツバキは、部長エリカと、過去に何があったのだろうか…。
脚本:山下憲一 絵コンテ:清水 聡
演出:久城りおん 作画監督:梶浦紳一郎
--------------------------------------------------------------------------------
 
 

f:id:nin-nin-o:20171103181911j:plain

「どうせ無理よね。アニメ研究部なんて所詮何の役にも立たない。なにも生み出さない。ただのお荷物。他の部活で成果を出すことなんて不可能ですものね。悔しかったらあなたたち自身で証明してみせなさい。そうじゃないって」

 

「立ちはだかる生徒会による廃部の危機。これぞ部活ものの王道だね」
『そうそう!テレビドラマでそんなのやってましたね』
「うん、アニメだけどね」

『あの中野先輩ってどうしてアニメ研究部に?』
「そうだね…僕は仲間と共に部活することにずっと憧れてたのかもしれない。仲間が1つにまとまり成長する瞬間、その姿はとても光り輝いていると思わないか?そうあのオノトキ坂学園アイドル研究部みたいに」

『オノトキ坂?』
「伝説の高校生アイドル研究部さ。生徒会の妨害を乗り越えて廃部の危機を救ったんだよ」

『そんな高校生がいるんですか…じゃあ私たちも頑張らなきゃですね!おー!』
「うん。アニメだけどね」

 

 



『演劇部からの依頼だよ。明後日校内で公演予定の新歓ミュージカル、頼んだ衣装と違うものが来ちゃって困ってるらしいよ』

『先輩なら作れますよね!?』

『そ、そうね…やれるだけやってみるわ』

 

 

「報告以上です」
『アニメ研究部が演劇部の衣装を?ふふ、無駄なことを』

 

 

『ダメ、やっぱりダメ!』

f:id:nin-nin-o:20171103185032j:plain

 

『日本から来た青山絵里香です。えっと…その…』

「ねぇ家でピザ食べながらテレビ見ない?」「ソフトクリームもあるの?」
『……』

f:id:nin-nin-o:20171103183641j:plain

f:id:nin-nin-o:20171103183704j:plain

 

『プリフェア、こっちでもやってるんだ』

 

「ねぇエリカ、このアニメ日本のだよね?知ってるの?」
「うん、もちろんよ」

「私たちコスプレしてるんだけど、変身の時、日本語でなんて言ってるの?」

『!!……。あれはね…!』

f:id:nin-nin-o:20171103183816j:plain

 

 

 

 「どうだい?この子たちは光り輝いているだろう?」

『先輩、提案があるんですが』
「え?」
『衣装なら、僕の好きなアイドルアニメを参考にしたらどうでしょう?』
「アイドルアニメ…」

 

『世界一の衣装を作りたいわ!』

f:id:nin-nin-o:20171103183905j:plain

「じゃあ蚕から?」『桑畑も必要ですぅ!』

『オノ!!トキ!!』

f:id:nin-nin-o:20171103184137j:plain

『オノ!!トキ!!』『オノ!!トキ!!』『オノ!!トキ!!』

f:id:nin-nin-o:20171103183953j:plain

f:id:nin-nin-o:20171103184021j:plain

f:id:nin-nin-o:20171103183929j:plain

『できたー!』

f:id:nin-nin-o:20171103184036j:plain

 

 

「どうだい?この子たちは光り輝いているだろう?」

「アイドルアニメは、定番の部活もの、事務所を題材にしたもの、地方のアイドルものと、ジャンルも様々さ。3DCGと超絶作画を駆使したライブシーンの彼女たちは、超!可愛いんだ!見てるだけで、汗の臭いや息遣いを感じるくらい、なんて言うかもう…最高の絵になってるんだよ!衣装だって!エレガントでファビュラス!エクセレント!!!!彼女たちの魅力をこれ以上ないほど引き立たせてたまらない!」

f:id:nin-nin-o:20171103190825j:plain

「あ…!あん!!!!はち切れそうだ…!」

f:id:nin-nin-o:20171103191342j:plain

「これらをフィーチャーすれば、最高の衣装ができるに違いない!!」

「それに、常にアイドルアニメで描かれてきたのは、初めはまとまりを欠いていたアイドルたちが1つにまとまっていく姿さ」

「それって…」
「今の僕たち、アニメ研究部の姿そのものじゃないか」

 

「やりましょうエリカ先輩!やっぱりうちの部長はエリカ先輩です。私先輩とみんなと一緒にこの部活を続けたいんです!」

 

 

 

f:id:nin-nin-o:20171103185736j:plain

「衣装、やはり間に合わないわね」
「開演時間を延ばす可能性もあります」
『いえ。演劇部には、体育館の使用時間厳守と伝えています』
「このまま公演中止ね!」

 

 

『大丈夫、さぁ…ショーの幕開けだよ』

 

f:id:nin-nin-o:20171103185752j:plain

 

『そんな…』

「ギリギリセーフだし…」「やったー!」「これで生徒会も…」

「いえ、認められないわ。この程度の事で、廃部が免れると思ったら大間違いです。アニメ研究部なんてくだらないもの」

 

『くだらなくなんかない!留学先で1人だった私を、アニメが救ってくれた!だから…、このアニメ研究部も、みんなの場所も、絶対に失くしたくない!アニメは何も生み出さないなんてことはないよ!アニメは色んな物を生み出してるわ!』

f:id:nin-nin-o:20171103185927j:plain

『物だけじゃなくて、人と人とのつながりも。。。あの頃の私とあなたもそうだったよね?ツバキ』

 

f:id:nin-nin-o:20171103191200j:plainf:id:nin-nin-o:20171103191233j:plain

 

 

「悔しいけど今回は私の負けね。廃部の件は取り下げることにします。だけど覚えておいて。あなたが好きな物を私は好きになれないわ」

 

「待ってください会長!」

「なんてチョロいんですか会長!」

 

 

『やりましたねエリカ先輩!』
「これからは部費の使い方に気を付けますわ」

 

 


『はい、廃部の件は失敗しました。これ以上私の手に負える案件ではありませんので……はい、失礼します』

 

 

次回予告

『昔のアニメは魔法一発でアイドルになるって夢だったよなぁ。でも最近のアイドルアニメはガチで練習したりオーディション受けたり大変な時代になったよなぁ。次回アニメ研究部がまさかの壁サークルに!徹夜はするなよ』

 

 

 

nin-nin-o.hatenablog.jp

 

nin-nin-o.hatenablog.jp

 

【アニメガタリズ】3話 感想 面白い!清々しい程の厨二病演説が心に刺さる

f:id:nin-nin-o:20171023223956j:plain

アニメガタリズ 3 話

部員が集まって、いよいよアニメ研究部始動!!

そこへ突如現れた「生徒会」によって、なぜか廃部の流れに・・・!?

 

「どうして・・・こうなったのーーーー!!!」

 

-----------------------------------------------------------------------------------

生徒会長ツバキの命令で部室を失ったアニ研部員たちは、エリカの提案で秋葉原に遊びに行くことに。コスプレショップ、アニメショップを巡りながらアニメガタリをする部員たち。皆の知識に圧倒されながらも楽しむみのあだったが、皆で語り合う場所――部室を取り戻すために一念発起する。
脚本:田沢大典 絵コンテ:清水 聡
演出:星野 真 作画監督:門 智昭

-----------------------------------------------------------------------------------

 

「これ、どういうこと!?」

「部室使用禁止通告書」を生徒会に突き付けるエリカ様は、大変お怒りのご様子

 

「正式に部として認められていない団体に、部室の使用許可は出せません」
「ちゃんと6人集めたんだけど?」
「アニメ研究部の設立申請書は受理しました。ですが、部の設立を認めるか認めないかは、我々生徒会が判断します」

 

この世界では、生徒会の権力がとても強いようです

 

突如部室を失ったアニ研部員。エリカ様の提案で秋葉原に遊びに行くことに。

 

f:id:nin-nin-o:20171023221920j:plain

「うわぁ~!!アキバすごーい!」

 

未乃愛にとってはじめてのアキバは、何もかもが新しく興味深い。

そしてだんだんアニメの世界に染まってきたようだ。

 

「んじゃ、未乃愛っちにアキバの楽しみ方、ばっちりレクチャーしちゃおっか!」

 

 

コスするからにはポーズとかこだわりたいじゃん?それにはアニメもちゃんと見ないとね

最初に向かったお店は、なぜかコスプレ専門店。

f:id:nin-nin-o:20171023224330j:plain

「わぁ~!」「おぉ~!」
「ここはコスプレ専門ショップだね。こういうの見るのは初めて?」
「はい、すごいですね!本当にアニメと同じ!」

 

「へぇ~コスプレ楽しそうだなぁ」

エリカ様のコスプレ姿にビックリした未乃愛。でも興味津々。

「大丈夫!ポーズからメイクから、全部みっちり教えてあげるから」
「それならやってみようかな・・・」

 

こうやって、そちらの世界へ連れ込まれていくんですね

 

聞いてるだけでワクワクしますよ!?

続いてやってきたのは、アニメソウルとかいう、かなりメジャーらしいお店。

 

「カイカイ先輩・・・・あの~、先輩?」

「うわぁぁぁ!この俺に気づかれぬよう気配を殺すとは・・・貴様、実は組織の者では…」
「組織?アニメ研究部ですけど。ところでカイカイ先輩は・・・塊先輩はどんなグッズ見てたんですか?」

 

未乃愛の冷静な返しが辛い・・・w

 

「緋眼のアリナのマージドリー、悪魔の魔導書グリモアールを持つキャラだ」

「これがあの時の、グリなんとか…へぇ~!」

 

「ん?でも本でどうやって戦うんですか?」

「貴様にしては、いい~質問だ!能力バトルの醍醐味はそこにある!」
「と、いうと?」
「本来ならば武器にならぬ物、戦闘に向かない能力、それを駆使して戦うからこそ!能力バトルは面白いのだ。こやつは本だが、他にも紙・コイン・電撃・カード…中には言葉そのものを駆使して戦う者もいる!」

『言葉を使って…。ピンときません』

「だから貴様はアホなのだ!仕方ない!今度、俺様厳選の激熱バトルアニメを…」
「……つまらなくは…ないのか?」
「え?」

「いやその・・・聞いているだけではないか」

「聞いてるだけでワクワクしますよ!?」

「変な奴だな、貴様は」

 

 

 

 

「ね、こんな感じでさ。ずっと課外活動ってことでもよくない?アニメ研究部」

「え?それは・・・」

「反対です!」「反対です!」

「な・・・何か理由があるの?」
「だって・・・部室と魚猫の優雅な日常では!」『部室がありましたから!』

「部室と魚猫…?」
「日常系で、部室でのお喋りがメインのアニメだよ」


「ネットで眠すぎ辛いって、3話切りしてた奴がいたな」

f:id:nin-nin-o:20171023231455j:plain

「3話切りなんてもったいない!」「むしろあのまったり空気こそがいいのに!」
「俺じゃなく切った奴に言え!」

 

「3輪切り…はっ!」

f:id:nin-nin-o:20171023231536j:plain

違う、そうじゃない

 

「3話切りっていうのはアニメを3話で切る、つまり見るのをやめるってこと」

「どうして3話なんですか?」


「3話は様々なアニメーションで、ターニングポイントとなることが多い話数でしてよ」

「ほのぼの魔法少女アニメだー、と思ったら、いきなり殺されてしまったり」

「歌の練習や衣装作りをして、いよいよアイドルデビュー!と思ったら、お客さんは1人もいなかったり」

 

「えー!?」
「視聴者にショックを与えて、「どうなってしまうのだ…」という気持ちにさせ、最終話まで見させるためのテクニックだな」

 

なるほど、勉強になります。

 

「つまり、3話でどんでん返しが入らなかったら、この路線のままで行きますよって意味なの」

 

「残念ながら、そこで自分の好みではないと切ってしまう人がいるんだ」

「安直過ぎます!」

「3話と言えば、設定や世界観の提示が終わり本格的にお話が動くタイミング!」

「キャラクターたちの関係性もこなれて、掛け合いが楽しくなってくる頃です!」
「これからという時に3話切りなんて、もったいないです!」

なぜか怒られてる気がする・・・

 

「このままではアニメ研究部も3話切りですわね」

「そもそも始まってないから0話切り?」

 

3話で切りません

 

もっと聞きたかったな…部室があればもっと遅くまでお喋りできるのに

校内掲示板の張り紙

「アニメ研究部の生徒会権限による廃止議案と、それに伴う臨時生徒総会開催のお知らせ」

 

臨時の生徒総会で、アニメ研究部の必要性を説明しなければならなくなった。

それが認められれば、部として正式に認可。もちろん部室も返してもらえる。

いつの間にか、こんなおおごとに・・・。

 

「はぁ…結局今年も部活にはできなかったか…」
「青山(エリカ様)はどうするつもりだ?」
「別に。あの子たちが頑張るなら応援するよ」
「自分では動かないと?」
「だから課外活動とかでいいんじゃんって言ったのに。あんたも最初からそのつもりだったんでしょ?」

 

毎年、アニメ研究部の設立にチャレンジしていたがダメだったらしい


「やっぱり私、みんなと一緒に居られる場所が欲しいよ!」
「守ろうよ!私たちの部室!」

 

生徒総会で演説をすることになった未乃愛

 

生徒会意見

『本学園における課外活動の趣旨とは学園生活を豊かにし、生徒同士の絆を深め合い、そこから何かを生み出すためのものであります。その点においてアニメの視聴行為はただの娯楽活動です。非生産的であり、勉学の妨げにしかなりません。よってアニメ研究部の廃部案を定義します』

 

未乃愛の演説

「我々は、1つの部室を失った。これは、敗北を意味するのか?否、始まりなのだ!」

f:id:nin-nin-o:20171023235718j:plain

 

ギレンじゃねーかwwwwwwww

 

 

(あれ?これを言ったら盛り上がるって有栖ちゃんが…)

 

一般生徒の声

「どんな部だよ?」「雑談部?」「いらなくね?」

 

他に何も言えなくなって漂うオワタ感・・・

カイカイの演説は清々しい程「厨二病」全快で、逆にカッコよすぎて惚れた

このピンチに動いたのはカイカイだった

f:id:nin-nin-o:20171024000055j:plain

『諸君!俺は能力バトルアニメが好きだ!大好きだ!』

『それは何故か?理由はいくらでも挙げられる!およそ戦闘には向かない能力を駆使し、最弱のはずが最強になる!現実では有り得ない能力で、建物ごと破壊して回るようなバトルを繰り広げる!』

『どれも素晴らしい!!』

 

生徒会役員

「司会!もういいでしょ!?彼の主張…いや戯言は今回の件と関係ありません!」


『話は最後まで聞け!!』


『能力バトルアニメの一番良い所、それは…』

『それは常に、弱者の味方であり、理不尽な強者を屈服させるところだ!』f:id:nin-nin-o:20171024002129j:plain

『声無き者の声を聞き、力無き者の力となる。それこそが能力バトル物の神髄!』

『作り話?ご都合主義?笑いたければ笑え。だが、俺たちが正義を、友情を、折れない心を学んだのはアニメではないか!』

『それを"無価値"だと断罪する権利が、なぜ生徒会如きにあると思う?電撃1つ出せない、テレポーター1人いない、無能力者共の、この生徒会に!!』
『理不尽な生徒会に屈し、アニメ研究部廃止に1票を投じるのも自由だ。だがそんなことでは、一生モブキャラだ!』

『貴様らは、自分の信念を貫くメインキャラになりたくはないのか!?俺はなる!』

『そうであるとアニメに教えられたからな。以上だ!』

 

カイカイ先輩イケメンやないすか・・・・

部の存続性を認めてもらえる演説内容ではないかもしれないけれど・・・

 

お疲れ様でした!カイカイ先輩!

 

f:id:nin-nin-o:20171024002630j:plain

演説が終わって倒れそうになるカイカイ先輩

f:id:nin-nin-o:20171024002718j:plain

(あ、危ない!)

f:id:nin-nin-o:20171024002809j:plain

ん?

f:id:nin-nin-o:20171024002909j:plain

んん?

f:id:nin-nin-o:20171024002922j:plain

んんん?

f:id:nin-nin-o:20171024002946j:plain

 

投票の結果、

半分くらいの男子票と、結構な数の女子票が入り、

私たちは部室を取り戻したのです!!

 

 

次回予告

「いい最終回だった」といって3話切りされることもあるんだぜ!!

次回「部室大爆発!」

その理由は見てのお楽しみだ!


nin-nin-o.hatenablog.jp

 

nin-nin-o.hatenablog.jp