クソマジメに生きてたら髪が薄くなってきた

ミレニアル世代薄毛マンの経験

94%の社員はやる気がない!?。エンゲージメント調査からわかる衝撃の事実。

94%の社員はやる気がない

f:id:nin-nin-o:20171014132105j:plain

働き方改革が謳われる昨今において、実に興味深い調査が行われた。

少し前に発表された、エンゲージメントに関する米ギャラップの調査結果によると、日本では、熱意溢れる社員がたったの6%しかいないらしい。

 

調査対象国139か国のうち、132位という驚きの結果。

「熱意ある社員」6%のみ 日本132位、米ギャラップ調査 :日本経済新聞

 

何故、これほどまでにやる気がないのか?

「ミレニアル世代と呼ばれる、1980年から2000年頃に生まれた世代が求める価値観が、自己の成長に重きをおいている為」

と言われている。

 

「いままでのやり方」というのは、大雑把に言えば、

上司からの指示を、確実にこなす。そうすればいずれ成功する、みたいな風習。

終身雇用制度は存在しないようなものだというのに。

 

企業の生産性は、従業員のエンゲージメントに大きく左右される。

従業員一人一人が持つ「強み」を武器にすること。これは間違いない。

しかし、そうなっていない現場が幾つもあることは事実。

適材適所とはよく言えたものだ。都市伝説かな?

 

エンゲージメントが低い原因が、

ほぼ上司にのみ起因しているということも、調査結果から導きだされた衝撃の事実。

 

昔からの管理手法に習うまま、部下の「仕事量だけ」に注視し、部下の「強み」を理解しようと、考えが及ばない。

 

自分が選んだ企業は好きだと言いたい。誇りを持っていると言いたい。

部下との繋がりが低い上司はたくさんいる。もちろんその逆の人もたくさんいる。

 

上司に求める理想の姿は「上司と部下が一緒になって、どう結果をだすか。」

 「一緒になって」が重要なキーワード。エロい意味ではなく。

やる気は伝わるものだと思うし、少なくとも僕は、本気には本気で返したい。

 

でもね、「難しい」んだってさ。

難しいから、悩むだけ悩んで、悩んだことに満足して、行動に移す前に諦めてる。

そりゃあ無理だよw