クソマジメに生きてたら髪が薄くなってきた

やりたいことをやる、為に見つける

思考停止状態とは?

29歳→30歳へのカウントダウン

 

20代

嫌や嫌や、30代なんて嫌やー、おっさんやんけー

 

30代

年齢なんてどうでもええわー、今までとたいして変わらんやろ!

 

って思ってました。

 

ちょうど30歳になったばかりの頃。

タクシー運転手のおいちゃん(50代)との会話

おいちゃん「兄ちゃんなんかエエ匂いするね~、香水つけとるん?」

   ぼく「あ、はい」

おいちゃん「へぇ~、男も香水つけるんやねぇ~」

   ぼく「高校の頃からつけてるんですけど、

      今の高校生くらいの人たちも多いかもしんないですね」

おいちゃん「へぇー、そうなんやねえ、兄ちゃん若いね、いくつなん?」 

   ぼく「30歳です」

おいちゃん「えー、兄ちゃん30か!もう兄ちゃんやないね!

      おっさんや、おっさん。」

   ぼく「ははは^^」

 

おっさんにおっさんと言われ、おっさんであることを実感した瞬間でした

 

そうか、30歳は世間ではおっさんなのか・・・。

そういえば少し前、10代の女の子に、

30代なんて、10代から見たら異次元

って言われたの思い出した。

 

ちょっと泣いた。

 

 

 

年齢を重ね、見た目がどんどんおっさんになっていくとしても、 

自己改善に努めないおっさんにはならないように

何かと理由をつけて簡単に諦めるおっさんにならないように

難しそうだけど、そうありたい。

 

そう考えさせてくれた1冊

 

君がオヤジになる前に

君がオヤジになる前に

 

 

 

でもハゲることは避けられそうもない。