クソマジメに生きてたら髪が薄くなってきた

ミレニアル世代薄毛マンの経験

20代でもオッサン?思考停止状態とは。堀江貴文さんの「君がオヤジになる前に」

考えることを簡単にやめてしまっていたら、すぐにオッサンになってしまう。

それが「当たり前」と考えていることがあるならば、改めて疑問を持ちたい。

実は固定観念に捉われていないか?

学校や両親から教えられてきたことは、本当に正しいのか?

永く信じられていたものが、ただの迷信だったなんてことは、日常茶飯事となってしまっている。

田舎のような情報がテレビや雑誌に限られた、「閉じられた世界」で暮らしていないからだ。

 

常に多角的に物事を捉えていきたい。

それが、もしかすると今の「当たり前」なのだとしても、

「なぜ?」の問いかけを繰り返していくと、思わぬ結論に辿り着くことがある。

 

世の中は思った以上に、デタラメな結論、根拠のない答えに溢れている。

いったい何が正しいのか?

自分の答え、自分なりの「納得解」を持つ必要がある。

 

多角的に捉える為には、常識だと思っていることについて再考してみること、

他者の意見を素直に取り入れてみることが、はじめやすいと思う。

つい否定的になりやすいことこそ、一旦受け入れてみる。

 

そして、やりたいことをやっている!とか

俺はコレが好きなんだ!とか

常に自信を持って誰かに伝えらえるように。

 

そう考えさせてくれた1冊

 

君がオヤジになる前に

君がオヤジになる前に

 

 

 

でもハゲることは避けられそうもない。

 

年齢を重ね、見た目がどんどんおっさんになっていくとしても、 

自己改善に努めないおっさんにはならないように

何かと理由をつけて簡単に諦めるおっさんにならないように

難しそうだけど、そうありたい。

 

29歳→30歳へのカウントダウン

誕生日が来る直前まで結構嫌な気分だったけれど、実際30歳超えてみると、

「年齢なんてどうでもいい」 っていうのが素直な感想。「今までと大して変わらない」

 

ちょうど30歳になったばかりの頃。

タクシー運転手のおじちゃんとの会話

おいちゃん「兄ちゃんなんかエエ匂いするね~、香水つけとるん?」

   ぼく「あ、はい」

おいちゃん「へぇ~、男も香水つけるんやねぇ~」

   ぼく「高校の頃からつけてるんですけど、

      今の高校生くらいの人たちも多いかもしんないですね」

おいちゃん「へぇー、そうなんやねえ、兄ちゃん若いね、いくつなん?」 

   ぼく「30歳です」

おいちゃん「えー、兄ちゃん30か!もう兄ちゃんやないね!

      おっさんや、おっさん。」

   ぼく「ははは^^」

 

おっさんにおっさんと言われ、おっさんであることを実感した瞬間でした。

 

そうか、30歳は世間ではおっさんなのか・・・。

そういえば少し前、10代の女の子に、

30代なんて、10代から見たら異次元

って言われたの思い出した。

 

ちょっと泣いた。